【呼吸の料理とコーチング】

Date

先日ガルウェイの話を唐突に出した。
なんとなく距離を置いていたが、最近流れが来ているので、
思い切ってのってみる事にし、改め
て見返してみた。
結果、料理と心の動きの共通点に改めて感動した
テニスコーチのティモシー・ガルウェイは、
ある意味では、感じ
るコーチング手法を提案したという事ができる。
ガルウェイは、プレイ中に、反省したり、理論的に考え、
自分に指示を出している自
分をセルフⅠ、
実際にプレーしている自分をセルフⅡとした。

考えるセルフⅠが優位な時には、いいプレイは出来ない。
逆に、考えずにプレーに夢中になっている時には、
セルフⅡがセルフⅠよりも優
位になっており、
結果的にいいプレーができる事が多い。

実は、料理も同じで、迷っているときほど、
中途半端な味になる事が多い。

感覚でやっている間はいいが、一端考え始めると、
迷いが生まれる
ばかりか、失敗につながる。
盛りつけなど、決めの時はさらに顕著で、
一度迷い始めたら、ほぼ決まらなくなるといってもいいくらい
だ。
考えない為にはどうすればいいか、
今度はそこが問題になって
くる。

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ