食べない料理研究記ー思い出話②

Date

昨日の話の続きだが、
実は、今使っている食べないスパイスも
この時に最初のヒントを頂いた。
 
重ね煮を作るとできる気の流れを応用して、
うまく体の気の流れをつかめないかと思ったのがきっかけだ。
 
作る際に、野菜では腐ってしまうので、常温で保存しておける、
スパイスを選んだ。
 
この発想は、
ドイツのパウルシュミット社が螺旋に加工した金属で、
エネルギーをとらえていた事や、
共鳴反応を応用していた事もヒントにもしている。
 
いろいろとスパイスの組み合わせを研究して、
実際にスパイスで気の流れがとらえられるようになった。
 
これは食べない料理学で使い方やトレーニングを教えているが、
少し気の訓練をしていけば、
誰でも気の流れが、ある程度分かるようになる。
 
自分のからだのセルフケアだけでなく、
小さくポケットに入るサイズにしたため、
キッチンにおいて、料理の気の流れを調べる事もできる。


少し話がずれるが、
先日、パウルシュミットのセミナーに参加し、
社長が講義の中で、経絡を科学的に証明できたといって、
いくつか写真と解析結果をみせていた。
 
それが、科学的かどうかはわからないが、
経絡のようなものが実際に写真に写っていて、
一歩一歩、進む姿勢をみて頭が下がった。
 

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ