【呼吸の料理とインナーゲーム】

Date

私が料理をしていた時、
日々、料理人は弛まぬ努力をしている姿をみてきた。
料理は苦悩と努力の賜物だった。
飲食店に行って、ふにゃふにゃパスタが出てきても、
キッチンで必死に作っている姿をみると今でも頭が下がる想いだ。
 
料理をつくる仕事をしている人は、
よく、料理が上手な方は、味付けに悩まなくてもいいですね、と
言われることもあるかもしれない
が、
実際はそうではないのではないかと思う。

キッチンに入って作業していると、料理人は、あーだこーだ、味付けが決まらない、
盛りつけが決まらない
、次のメニューが決まらないと悩んでいるものだ。
即興料理をしているなら尚更だし、忙しくなると殺伐とするキッチンなら、
プレッシャー
と時間制限で、さらに決まりにくくなる。
素材を思うように調理したい想いと、思ったように行かない想いが、
心の中で、葛藤を繰り
返す。ガルウェイが言っているように、
アウターゲーム(ここでは
実際の料理)を脇に、
インナーゲーム(ここでは自分の内なる葛藤
)を戦っているのだ。
別に料理人は、料理がうまいわけではなく、
その葛藤を「やり過ごす」事に、普通の人よりなれているだけ。
んな風に考えれば、料理も少し考え方が変わってくる。

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ