あなたのQOLは?

Date

ユウキ:こんにちは、オーストラリアのユウキです!
2016年初のブログですね。新年はすでに1か月前になってしまいました、皆さんの新年は充実してますか?私の2016年は欲張りに生きようと思いながら、オーストラリアのまったりした時間を過ごしています。笑
オーストラリアの年越しは、日本とは全く違い、真夏のホリデー、キャンプやアウトドアを過ごすのが定番です!私もクイーンズランドはレインボービーチの近くでキャンプの年越しでした。

海辺で読書、釣り、お昼寝。

満天の星空と、流れ星を眺め、今までの人生にない年越しでした。
S__10608645
オーストラリアに来てから、私の生活はアウトドア、ガーデニングなど、
日本にいたころ、
いつかこんな庭がほしい、
フルーツ、ハーブを育てたい!
ゆっくり本を読んで海辺で過ごしたい!
基本は田舎、でも時々は都会で過ごしたい!
と思い描いていた生活が現実になっています。
自分が大切だなと感じることや、幸せだなと感じられることが、日常の中に増えたことは間違いありません。

クオリティ・オブ・ライフ

日本での看護師時代、よく使っていたQOL=Quality of Life クオリティ・オブ・ライフ
生活の質と呼ばれるこのQOL。
人生の内容の質や社会的に見た生活の質の事を示すのですが、看護師時代は、患者さんを始め公衆衛生では地域住民まで、生きる人すべてのQOLを考え向上に努めるという姿勢を学びました。
とはいってもこのQOL、これは客観的に評価することは難しいものです。それは人それぞれ人生にとって何が大切で、幸福で、生き生きできるかは全く違うから。

自分の人生の質や、幸福って何か

考えたことはありますか?
いざ毎日社会の中で生きていると、なかなかしっかり考える機会や、気づく機会は少ないかもしれません。もちろんしっかりと自分の大切なことを知り、それに素直に生きている人が世の中にはいます。彼らは好きなことをし、人生を楽しみ生きています。周囲から見るとキラキラ活き活きしているように見えるかもしれません。
・毎日がなんだかもやもや、もっと楽しいことないかな?
・楽しみは年に一回の旅行だけ、
・仕事も好きだけど、これでいいのかわからない
・結婚したいのに理想の人に出会えない
・人生に焦る、でもなんでかよくわからない
・私ばかりついてない気がする
・なんで恵まれないんだろう
思い当たるふしのある方、いませんか?
正直に話せば以前の私もそうでした。名付けて‟隣の芝は青く見える症候群”‟幸福ジプシー”
この状態は自分の人生の質や幸福にまだ気づけていません。自分がすでに持ち合わせている部分に目を向けることがでいない状態であり、もっと刺激的な出来事に幸せを見出し、一時的な幸せしか感じることができない状態です。

それはとってももったいない!!

と私は声を大にして伝えたい2016年(笑)
冗談ではなくて、誰もが自分の人生を幸せと充実感と共に歩むことができるのです。そして人生の中のアップダウンのある出来事一つ一つを味わい、今まで以上に楽に歩んでいける。
その為の一歩のお手伝いを私たちはしています。やってもどうせ変わらないと思っているならば、変わらないかもしれません。
だけどやってみないとわからないこと、経験しなければ信じることができないこともあります。私は経験したから言える立場です。だから、自信をもって言えます。

自分の人生、一度だけです。

その人生をしっかりと自分で味わいながら楽しんで生きてみませんか?
2016年頭から、熱くなってしまいました。
そうなんです、私はどちらかというと熱くなるタイプです。自分の事より人の事に一生懸命になってしまうタイプの私は、やると決めたらしっかり相手をフォローします。
そもそも熱くなったこのブログのきっかけQOL。実は、新しく届いたキャンピングカーのナンバープレート。オーストラリアは数字3桁とアルファベット3文字で組まれるのですが、偶然にもつけられたナンバーのアルファベットがQOLだったのです。
ひさびさに、ハッとさせられた私。我が家にアウトドアの質を上げるキャンピングカーがQOLナンバーと共にやってきた!
2016年、しっかりと自分の人生を楽しんで歩もうと1月の末に思うユウキでした。
> 好きな事で生きていくなら想いとテクニック両方必要です!

yuki

ユウキ (Yuki)

オーストラリア・ブリスベン在住。人との出逢いとご縁が運んでくる幸せに感謝をしながら、人生を満喫中。 今後は自分自身がケアを提供するだけではなく、家族間でのケアによる癒しや家族機能を高める働きかけに力を入れている。ナチュロパスを目指し英語と奮闘中!

<オススメ> フードサイコロジーの味わい講座 人には言えない、個人的なわずらしい問題を「コッソリ」自分で解決し、自分らしい人生の一歩を踏み出す方法を身につけよう。

今なら、無料で参加できます

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ