お料理の温かさと人間関係

Date

IMG_0133
 
前回記事を書きながら、
ふと思い出したので、自分の反省ついでに
もうひと記事書こうと思います。
書きながら、自分の今までを振り返っていたのですが、
いや、お粗末なもので、熱された人間関係よりも、
温まった関係の方が自分にとっては心地いいな~と思っていました。
温かい方がいいと書きながら、
やっぱり熱するように温まったものは味わいがすくなくて、
結果的にドライになりやすいなと思い、
自分の過去の関係を省みていました。
お料理も一気に火を入れようとして、加熱すると、
味わいのない料理に仕上がる傾向があります。
例えば、強火で沸騰したお湯でジャガイモを煮ると、
甘みや美味しさが引き出されずに、
火が通ってしまいます。
逆にゆっくり火を入れてあげると、
素材でいた時以上の美味しさがでます。
これは、野菜の酵素が活性化する為だとの研究もありますが、
また、機会を改めて触れる事にします。
 
ビジネスマンの定石に、
「人と仲を深めるには、会っている1回の長さよりも回数が大切」
という言葉がありますが、
短くても何度も会っている人は、だんだんと人間関係ができてきて、
信頼が生まれるそうです。
 
自分で熱することなく、
温まるのを待てる心の余裕をもちたいと、
自分にとっても耳が痛い話ではありますが、
これからも邁進していきたいと思います。
 

 

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ