料理は死神業1

Date

ぞっとするタイトルではるけれど、
僕自身、本当にそうだなと思う。
料理をする人は、生きた魚をさばいて殺すことも出来れば、
生命としては死んだ魚を料理として生かすこともできる。
生きているものを扱うという意味では、
料理をする人の仕事内容は、ほぼ死神に近い。
生死を自由に扱い、食材の死に感謝し、意を喜び、
生になることもまた喜ぶ。
生も死も感謝して、喜ぶことって、
あまり多くはない経験じゃないのかなと思う。
食べる人だって同じで、
死んでくれて(命を差し出してくれて)ありがとうと、
死に感謝する機会なんてあまり無いんじゃないかなと思う。
食材側からみた料理観は面白い。
 
以下イベントのお知らせ:
「過去」「現在」「未来」食と心のデトックスセミナー @麻布
食と心のとても濃い会になりそうです。
ピンと来た方は是非おこしください。
http://ygglab.jp/event/event2.html

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ