最後の晩餐とは、記憶を食べる食事

Date

先日、ユグラボのFBでは、少し触れたが、
今、料理の世界も、味を追求してきた所から、
味をどのように人に響かせられるかに研究がシフトしてきている。
料理は脳にある記憶ともしっかり結びついていて、
例えば、思い入れの強い料理に似た味を食べた時には、
その記憶が活性化される。
死ぬ前に何を食べたいですかと聞かれ、
食べたいと思う料理には、それ相応の思い入れがある。
以前、熊本の病院が主催されていた、
病気と決別する最後の晩餐で、
末期がんの患者さんに最後のスイーツを作らせて頂いた事がある。
もうあまり噛む力もなかったため、
食べやすいように工夫して、
回復をお祈りしながら作らせて頂いた。
召し上がられた方は、その後しばらくして亡くなられたが、
召し上がられた時の笑顔や、その後の生活を人づてにお伺いすると、
料理を作らせて頂いて幸せだったなと思う反面、
食の可能性にも心が踊った。
食と記憶は古くより、深く結びついていると、
誰もが潜在的にしっている。
人の心により深く響き、
心がより深く感じる食と心の重要性はますます高まる。
フードサイコロジストとしてのロマンも広がるばかりだ。
 
【::以下お知らせです::】
HPがユグラボとくっつき、リニューアルしました。Ygg Lab.(ユグラボ) http://ygglab.jp/
■今後の開催イベント——————————————————————–
・214年6月8日(日)
開催「過去」「現在」「未来」食と心のデトックスセミナー @麻布

 食と心のとても濃い会になりそうです。ピンと来た方は是非おこしください。
*詳しくはコチラ
 
■フードサイコロジーのセッション——————————————————————–
人間関係やパートナーシップ、恋愛、仕事などで
気になっていたり、悩まれている事、
また心身の不調などを、食と心のアプローチで解決していくセッションです。
セッションをされた方は、不思議と、自分らしい人生が生きられるようになっていきます。
*詳しくはコチラ
 
■食べない料理学講座——————————————————————–
フードサイコロジーの食べない料理学がリニューアルします。
不調を探す食べないスパイスやボディーワークなど、
自分でセルフケアができるようになるコースです。
*詳しくはコチラ
 
■呼吸のマネジメントクラス——————————————————————–
フードサイコロジーの柱である、呼吸の料理を実際に学びます。
料理を通して、感覚を磨き、呼吸を通して、ライフマネジメントを学ぶコースです。
*詳しくはコチラ
 
 

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ