来年は執着を手放す年

Date

ふかさわ:
先日、幸運なことに女子会にご招待頂いた。食事会の中で、カラーセラピーのcaco先生のお話を聞きながらご飯を頂いた。
お話の中で出たのが、年の色だ。今年は、オレンジ色。目標を達成、決定する年だったようだ。来たる年、来年の色というのは。。。

来年の色、、、

来年は、バイオレット、赤紫。どうも今年決めたり、達成した事がどうだったか、判断される歳らしい。
その中で、執着を断ち切るという話が出た。今年決めたものが来年上手くいかなくても、それを無理やり修正しようとしたり、必要以上にそれにしがみついたりする事の無いようにとの話だった。

執着はどこから??

こんな経験あなたにもあるんじゃないだろうか?僕は結構思い当たる節がある。日常的にも執着することはとっても多い。フードサイコロジーのワークを続けているからか、少しはましになったのかもしれないけど、欲望は断ち切れない。
夕飯にあれが食べたいとおもって、それを食べられなかった場合、寝る前まで食べたかったなとおもっている。。。笑
でも、いったいどこらへんから執着が自分に影響を及ぼすのだろう?
執着と目標の違いはなんだろう?
愛情と執着の違いはなんだろう?
この違いについて考えたことがあるだろうか?
愛情が裏返るきっかけについて考えたことがあるだろうか?
今日の昼間、フードサイコロジーの相談を聞いていながらおもった。
執着との境界に気づくコツは簡単で、
食べ物をよく味わうように、自分自身の内側を味わうだけ。
今日から、実践してみよう。
> コツを知りたいならこんな講座もあります。無料ですぐ受けられます。

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ