気の流れを捉える、すぱいす

Date

P1040478 
初めてフードサイコロジーを受けられる方に、あやしいと突っ込まれる事もあるので、たまには本業の事も具体的に書いてみます笑
説明するとあやしくはないのですが、フードサイコロジーは以前ご紹介した、バイオレゾナンスというからだの共鳴反応を使って、心の問題やブロック、からだのブロックを、推定していくこともあります。
その共鳴反応は、いわば、私達には、西洋の人よりも身近な「気」という概念に近いものです。ドイツでは、この気の流れをコイルのようなもので捉えたり、チェーンや紐のようなものでとらえているのですが、これ以外でもそんな事が出来ないか考えました。
そこで、スパイスをうまく配合して、気をより敏感に感じられる棒みたいなものを作りました。写真はまだ、いまのものよりもだいぶ前のタイプですが、このおかげで、今では、ブロックの推定もカウンセリングだけよりも、よりうまく行くようになりました。
からだは本人よりもよく知っているという場合も多くあります。本人のカウンセリングと総合してつかっていくことも多々しています。もしカウンセリングで見かけたら、あぁ、からだにお伺いをたてているのね!と思ってくださればと思います笑

banor01

フードサイコロジーアンヴィユ  produced by Ygg Lab. 【HP】http://ygglab.jp/

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ