潜在的な葛藤をなおす、きのこのフラワーエッセンス

Date

以前知り合いのブログで、きのこのフラワーエッセンスが紹介されていました。
そのお話によると、アトピーが急にひどくなった方に
キネシオロジーで聞いてみたところ、
両親との葛藤が原因になっているとの事で、
それを改善するために、きのこのフワラーエッセンスが紹介されていました。
きのこは、地下に、地上に出ている部分よりも
大きな組織を持っているようです。
そこで、表面的に上がってきたものよりも、
心の中に大きな原因があるときには、このエッセンスを使うようです。
私は以前、フラワーエッセンスなどを扱う会社の
スクーリングの担当をしていたことがあり、
授業制作などにも関わっていたので、
確かにこれは良い選択だと思いました。
フラワーエッセンスのような民間療法は、
科学的には、まだ証明出来ないのですが、
ケースとして治癒例が沢山出てきていることもあり、
全世界に広がってきています。
会社にいた時にも、多くの治癒例をケーススタディしましたが、
ある共通点に気付いてきました。
こういった民間療法は、
セラピストや、レメディー(エッセンス)が治すのではなく、
あくまで治すのは、本人の自己治癒力です。
しかし、クライアントがセラピストに
頼りすぎてしまうケースが多くあります。
そうなると、クライアントの中には、
治してもらう意識が働いてしまい、
自分で治すはずのプロセスが少し濁ってしまいます。
また、逆に意識の変容が起こり、
セラピストにアドバイスをもらいながらも、
自分自身で向き合っていこうと思い始めた方は、
治癒が早いようにも感じました。
そういった経験も踏まえて、フードサイコロジーでは、
自分自身で向き合っていく瞑想などのボディーワークを取り入れています。
フラワーエッセンスや食事療法など、何かされている方は、
少し自分で治す部分を意識されても変わっていくと思います。
 
::お知らせ::HPがユグラボとくっつき、リニューアルしました。
Ygg Lab.(ユグラボ) http://ygglab.jp/
■今後の開催イベント——————————————————————–
・214年6月8日(日)
開催「過去」「現在」「未来」食と心のデトックスセミナー @麻布

 食と心のとても濃い会になりそうです。ピンと来た方は是非おこしください。
 *詳しくはコチラ
■フードサイコロジーのセッション——————————————————————–
人間関係やパートナーシップ、恋愛、仕事などで
気になっていたり、悩まれている事、
また心身の不調などを、食と心のアプローチで解決していくセッションです。
セッションをされた方は、不思議と、自分らしい人生が生きられるようになっていきます。
*詳しくはコチラ
■食べない料理学講座——————————————————————–
フードサイコロジーの食べない料理学がリニューアルします。
不調を探す食べないスパイスやボディーワークなど、
自分でセルフケアができるようになるコースです。
*詳しくはコチラ
■呼吸のマネジメントクラス——————————————————————–
フードサイコロジーの柱である、呼吸の料理を実際に学びます。
料理を通して、感覚を磨き、呼吸を通して、ライフマネジメントを学ぶコースです。
*詳しくはコチラ

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ