現金主義と嫌金主義

Date

【お金が好きだけど嫌いな日本人】

DSC_0144

普段流れてこない記事がFBに流れてきた。
一部で話題だった
フリーエージェントホールディングスの
与沢翼氏の話題だ。
コメントや記事などを
みていてやはり思うところは大きい。
別に擁護しようという事ではないが、
これを機にお金の問題についても、
皆さんに考えていただきたいと思う。
この種の業者は、
一般人から嫌悪感を抱かれやすい。
しかし、ビジネスの手法をみれば、
過度な面があるものの極普通だ。
どこの企業でもマーケティングの
基本の仕組みは、そんなに変わらない。
でも、こういう業者が嫌われるのは、
もちろん表現や、過度の手法もあるのだけれども、
一つに、私達の心の問題があるのは間違いない。
私たちは、お金を稼ぐことがいけない、
と、思い込んでいる。
そして、お金を正当に稼ぐ方法を
品定めして、あれこれいい悪いを常に判断している。
そのジャッジの先に
理想の信念を貫いて生きていく人もいる。
一般に世の中の為になるように尽くしている人。
例えば、健康思考を求め、
個人でマクロビのお店をやっているとか、
自然生活雑貨店を営んでいるとか、
子供がもっと自由に学べるプライベートスクールや、
塾をやっているとか。
こういうお店の話を聞いたり、
実際に見る中で、経営が大変な所を沢山みてきた。
ジャッジの先に、ある意味では世の中に背を向けている。
だから、経営は大変になるし、
いいこと程、なかなか広まりにくくなっている。
このお金を稼ぐことが悪いこと、
なかなか受け入れられないことと思うのは、
社会に対する抑圧が心にある事も要因の一つだ。
心理学的にいうと、シャドーといったりする。
本来は、お金を稼ぐ事に対して中立的だった考えが、
社会生活を営む上で、
それはいけないものだと教えられり、
世襲のなかで、逆の考えになっていってしまう。
一旦心に鉄門が出来ると、
それがある限り自分の価値観に反する事を
なかなか受け入れられない。
よく、お金はいいものだと想い方を変えればいいというが、
それだとあまり効果はない。
結局、心で受け入れられないものを、
頭で無理やり、受け入れようとすれば、
その時は受け入れられても、
ぼろがでたり、行動自体は変わっていかない。
そればかりか、
お金が嫌いなことを受け入れられない自分を
新たなシャドーとして抑圧してしまいかねない。
そうすると、抑圧は深まるばかりだ。
頭で消化することは難しいのだ。
 
シャドーを消化する方法の一つとして、
ミドルセルフマネジメントというのを提案した。
解決には、中立的な自己を育て、
それを味わっていく必要がある。
この方法は、
ホメオパシーやフラワーエッセンスなど、
ヨーロッパの伝統的民間療法を
私なりに組み合わせて効果を高めたものだ。
 
もしかしたら、シャドーができてから、
それをとっていくという過程は、遠回りにみえるかもしれない。
しかし、実は正常なプロセスだ。
自分の見たくない部分をみる分、
大変ではあるが、それを見つめていくことで、
得られるものはとても大きいと思う。
 
以下、お知らせです:::::::::::::::
【来月から始まります。ご予約はお早めに】
呼吸で味わう
「ミドルセルフマネージメントクラス」
ミドルセルフマネジメントとは、
サンスクリット語やギリシャ語に見られるmiddle(中動)を元に、
作った造語だが、中立的な自己を育てることを目的とした
マネジメントだ。
 
古代の言語観には、第3者的な自分の視点が存在していた。
現代社会は、「する」か「される」かの社会で、競争社会だ。
それは、企業間だけでなく、地域や家族など、人と人の問題にもなってきた。
 
この、「する」か「される」か、という視点は、あまり意識しないかもしれないが、
私達がイライラしたり、苦しんだり、
思うようにいかないことをもどかしくおもったりする原因になっているといってもいい。
 
中立的な自己を育て、味わう事で、抑圧を解消していくと、
心が楽になったと感じる人が多く、ラッキーになったと感じる事が多くなる。
心はまさに現実を映し出している鏡なのだ。
 
このクラスでは、呼吸を通して、生活をマネジメントしていく方法をお伝えする。
呼吸というのは心のバロメーターで、自分が思う以上に、腹の内を教えてくれる。
これは覚えてしまえば、難しくなく簡単だ。
 
また、以前に記事で書いた呼吸のデザインについても、体験していただく形で行う。
それと同時に、脳の仕組みと、呼吸、シャドーとの関係性についても学ぶ。
ワークを通してシャドーの解消もしていく為、濃い2ヶ月間になることが予想される。
 
悩みがある人だけでなく、
本来の意味では、
個人事業をされている方、セラピスト、ビジネスマン、
主婦、お料理が好きな方、デザイナーなど
あらゆる人にオススメできるマネジメントクラスだ。
 
また、グループのクラスは不思議なもので、
その時に必要な人たちが集まる。2ヶ月間のクラスとなっているため、
その時に集まった奇跡的なメンバーで、是非楽しんでいただきたい。
 
主  催: enville(Ygg Lab.)
日  時: 2014年5月24日(土)、6月28日(土) 13:30~16:00
場  所: 公益財団法人国際文化会館 (東京都港区六本木5‐11‐16)
定  員: 15名 (定員になり次第募集を締め切らせて頂きます。)
参加費: 3万円(税込)

 
botton

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ