環境で変化する呼吸とほうれん草クン

Date

(以前企画して、チベットの方にお作りした精進弁当です。曼荼羅の色をなんとなくイメージしました。
甘い物が好きだと聴いて、デザートを3つにしたのも覚えています。詳細が気になれば答えします^^)
——————————————————————————

だいぶ寒くなって来ましたね。

来週は東京近辺、冬の様に寒くなるのだとか。

 

ほうれん草の呼吸感じて見られたでしょうか??

 

わかった方やわからない方もいらっしゃったと思いますが、

なぜ、ほうれん草を見ながら呼吸しているだけなのに、

呼吸が変わったか不思議に思いませんでしたか。

 

人のカラダってとても凄いんだなと改めて感じさせられます。

 

実は人には、周りの環境や、自分に触れている物に対して、

反応するという仕組みがあります。

 

その反応の一つが呼吸なのです。

 

例えば、ストレスのある環境下や、

嫌だと自分が感じている時、緊張している時は、

呼吸は浅くなります。

 

そんな時、よく意識してみてください。

 

呼吸は浅くなり、胸でなく、肩で呼吸するため、

肩に力が入り、肩があがっています。

 

ゆっくり深呼吸をしながら、肩の力を抜くと、

肩が下がると思います。

 

このように、人は、カラダの中に入れなくても、

外の環境に対して、自分のカラダが勝手に反応する

仕組みをもっています。

 

ゆでているほうれん草をただ見て、

それを見ながら呼吸しただけで、

自分の呼吸が変わって行くのですから、

 

とても不思議です。

 

まだの方は是非してみてください^^

 

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ