畑でとれたての野菜を表現する。

Date

深澤大輝ふかさわ: 昨日、ようやくCIB通信講座のアップデートを終えてホッと一息。今回は、僕の持っている料理のアレンジや呼吸の料理のコツを詰め込めるだけ詰め込みました。
自己満かもしれないけど、今回の大幅な更新で、より良い講座に仕上がったんじゃないかなと思っています。

呼吸の料理??

ただ、それって何って方の為に、ちょっと説明しておくと、呼吸の料理は畑でとれたての野菜を再現する魔法をかける料理です。。そう、魔法です笑
魔法というのは、ちょっとジョークですが、東洋哲学でいう「気」ですね。畑でとれたてのものを食べれば、当然美味しいし生命力がある。
でも、僕らが普通頂くのは、収穫から何日も経っている場合って結構多い。スーパーの店頭や八百屋さんに、その日にとれたものが並ぶことってとってもレアです。

収穫したての生命力を取り戻す

そうすると、そういう野菜って、食べる時には、畑でとれた時ほど、生命力はないわけです。
食養とかの考えを日常的に実践される時に忘れがちなのがここで、マクロビでも薬膳でも、ローフードでも、素材の生命力がある程度のラインに達しているのが基準になっている。
だから、ここで重要になるのが、調理だったりその下処理だったりするわけです。呼吸の料理では、気と親和性の高い呼吸を指針に使うことで、トレタテ野菜のような生命力を調理で取り戻そうというところを一つの目標にしています。
食材選び、食べ方よりも、その前の段階の調理、ぜひ、意識してみてください。
>>呼吸の料理について詳しくはコチラ

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ