脳をうまく使う簡単トレーニング

Date

ベルサイユ宮殿でちょっと変わった写真の取り方をしてみました。
集中している時はこんな感じなのかもですね。
今日は、昨日の続きです。
IMG_0199
 
三蜜加持という密教のトレーニングがあって、
それは、どうやら脳をうまく使うトレーニングだぞという事でした。
 
簡単に説明すると、
三蜜とは、
話す、動く、イメージする
の3つの事です。
 
この3つを同時に集中してやると、
これ以外のことはほとんど出来なくなり、
脳を高度につかった状態が生まれます。
 
これを繰り返すことで、
だんだん脳をうまく使えるようになるようです。
昔、お経は、口伝えだったことや、
弘法大師も、これを応用したトレーニングを
唐に行く前と行った後など、
何回か行っていることから、
記憶力がよくなるという指摘をする研究者もいます。
 
実際やってみると確かに頭がすっきりして、
クリアーに物事が考えられるようになります。
 
といっても、特別なことではなく、日常の中で簡単に出来ます。
 
以前に師のアレンジで、散歩中に出来る方法を教えてもらったことがあります。
 
やり方は簡単で、
かかとが地面について、つま先に重心が移っていくのをできるだけ詳細に意識しながら、普通に歩きます。このときに一歩ごとに、健康だ、幸福だ、運が良い!といいながら歩きます笑
これだけです。
最後のことばは何でもいいですが、なるべくポジティブで、言いやすいものを選ぶといいと思います。
声は出さなくて、心の中でしゃべって大丈夫です。一人で大声で言っていると、だいぶ怪しいですからね笑
 
歩く=動く
かかとからつまさきまでの動きを意識=イメージ
声=話す
 
にそれぞれ対応しています。イメージは、私のアレンジが入っていますが、試してみてください。
うまくなると体が温かくなり、冬場でもすぐ汗が出るほど、足裏から温かくなっていきます。
 
通勤も、散歩も買いものも、少し疲れにくくなってお徳かもしれません。
 
 
 
 
 
 

More
articles

ローフードの技法を使ったアイスケーキ

この写真は、ローフードの技法を使ったアイスケーキ。 ローフードというのは、火を入れないローの状態で作る料理で、素材が生きた状態で取り込めることからLiving food と呼ばれたりもしています。 ローフードのケーキなど

秋冬は、マイコトキシンや寄生虫などのデットクスブーム

こんにちは、ゆぐらぼの深澤です。 もう気づけば年末、毎年そう言っている気がしますが笑12月から3月までは時間があっという間に過ぎてしまいますね。 僕も、いつもメニューなどを手伝わせていただいている。 エコモレストラン杜カ